本文へ移動

おもちゃ広場

開館日 月曜日~土曜日 (日曜と祝祭日は休館
時 間 10:00~15:00(最終受付は14:30
場 所 保健福祉センター6階(エレベーターを使用してください)

おもちゃ広場からのお知らせ

「ふくしまおもちゃクリニック」の活動

 
 平成30年2月、第一弾となる「おもちゃドクター養成講座」~入門編~を開催し、おもちゃドクター&おもちゃナースが全16名修了されました。修了されたおもちゃドクターの皆さんと話し合い、『おもちゃ広場』を拠点し、『ふくしまおもちゃクリニック』として、昨日5月10日(木)から活動がはじまりました!!
 
おもちゃドクターとは?
壊れたおもちゃやぬいぐるみ等を治療(修理)して新たな命を吹き込むボランティアです。
また、こどもたちにおもちゃの仕組みを伝えたり、「もの」の大切さを伝えます。
 
 掲載写真は、5月10日(木)おもちゃ広場で活動が始まった様子です。壊れて音が鳴らないおもちゃなどを治療(修理)したり、おもちゃが適切に動くのか点検をおこなって頂いたりしています。おもちゃ広場のおもちゃを治療してくれる強い味方です!(^^)★
『おもちゃ広場』を利用しているお子さんたちが遊び終わった後、定期的に活動する予定でおります。次回は、5月21日(月)と5月31日(木)午後4時~6時の予定です。

平成30年度「おもちゃドクター養成講座」~入門編~を開催しました!

 
 今月6月2日(土)・16日(土)の2日間にわたり、「おもちゃドクター養成講座」~入門編~を開催しました。
 昨年度もご協力いただきました郡山おもちゃの病院の荒井昇副会長兼おもちゃドクターを講師でお迎えし、1日目はおもちゃドクターとしての基礎知識や治療に役立つ知識・技術など多くのことについて講義頂きました。2日目は、プラレールを分解し、おもちゃの仕組みを学んだり、人形の足が骨折した際の縫合技術を学んだりと細かい作業でありながらも取り組まれていました。また、修了式も兼ねて行い、新たにおもちゃドクターが14名誕生しました!昨年度と合わせると29名になります。仲間が加わり、これからの活動が更にたのしみになりますね(^^)!
 
 ☆今回の養成講座の取材をうけまして、福島民友新聞(6月18日付)に掲載されました!☆
 
 
 

「おもちゃ相談会」8月9日開催☆

 台風により、あいにくのお天気でしたが、保健福祉センター1階フロアで、おもちゃ広場夏休みのイベント「おもちゃ相談会」を開催しました!
ご相談者からは、「ボタンを押しても音が鳴らない」「電池が入っているのに動かない」などご相談件数7件ありました。おもちゃドクターが調べると、断線していたり、電池の接触部分がさびれていたり・・治療(修理)が可能な範囲でおもちゃを修復しました。また、相談スペースの他に、待ち時間の間もこどもたちが楽しめるようにプラレール広場も設けましたsmiley
 
おもちゃドクターの皆さん、ご協力ありがとうございました。
夏休み期間中、混雑されている日もありますが、ぜひおもちゃ広場にも遊びにきてくださいね
 
2018年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
社会福祉法人
福島市社会福祉協議会
〒960-8002
福島市森合町10番1号
福島市保健福祉センター2階
TEL.024-533-8877
FAX.024-533-8879
TOPへ戻る