本文へ移動

権利擁護に関すること(権利擁護センター)

福島市権利擁護センターについて

 高齢者や障がいがあるご本人やご家族、支援関係者から成年後見制度の利用や権利擁護を目的とした生活の困りごとに関する相談を受け付け解決に向けた支援(助言や関係機関との調整、専門相談紹介)を行っています。
  必要な人が必要な時に成年後見制度を利用したり、支援を受けることができる地域を目指し、福島市と連携し中核機関として地域の権利擁護支援の役割を担っています。

権利擁護セミナー「私のことは私とともに決めてほしい」動画配信は9月28日~12月26日までです。

令和4年9月28日(水)に開催した権利擁護セミナー「私のことは私とともに決めて欲しい」を撮影編集した動画になります。
視聴後に是非、以下アンケートにご協力ください。宜しくお願いします。

「アンケートフォーム」

権利擁護セミナー「私のことは私とともに決めてほしい」動画配信します!

 

権利擁護セミナーを開催します!

 9月28日(水)13時30分より(13時から受付)福島市アクティブシニアセンター(アオウゼ)多目的ホールにて権利擁護セミナーを開催します。対象者は福島市にお住まいの一般の方です。
 セミナーのテーマたとえ物忘れをするようになっても 私のことは私とともに決めてほしい』〜意思決定支援は権利擁護〜
 認知症などで自分で決めることが難しくなったとしても、「自分で決めて、自分が生きたい人生を歩む」ことは非常に大事なことです。もし自分が物忘れをするようになったら?もし、自分を抜きにして周りに決められてしまったら?
 参加された皆さんに、是非、他人事ではなく、我が事として考えていただくきっかけになればと思います。
 セミナーの内容は、講話「自分らしく人生を過ごすためにいまからできることって」きらり健康生活協同組合 柿沼充専務理事より分かりやすくお話をしていただきます。また、講話の後は座談会にて、福島市認知症初期集中支援チーム・あずま通りクリニックの伊藤麻樹子保健師と、中央地域包括支援センター 佐藤めぐみ所長にご登壇いただき、意思決定支援の大切さについてお話をしていただく予定です。
 当日は途中15分間の休憩や換気等を行いながら、セミナー協力団体様の意思決定支援の活動、紹介ブースもご用意しています。
コロナの感染状況にもよりますが、感染対策を十分に行った上で集合型で開催予定としています。
 人数は80名とさせていただきます。先着順としてますが、多数の場合は抽選とさせていただくこともありますので、予めご了承ください。
 申込は9月20日締め切りとなっております。

(2022-08-31・69KB)

権利擁護セミナー申込書になります。
また、電話での申し込みも受け付けています。

ニュースレター 第3号 発行しました!

 ニュースレター 第3号を発行しました。

(表面)
権利擁護セミナー開催のお知らせです。
アオウゼ 多目的ホールにて9月28日に開催します。

また、権利擁護センターから地域の皆さまのところに出向いてお伝えする「出張学習会」のチラシが完成しました!

 

(裏面)
ご依頼いただいた出前講座の報告、市民後見人養成講座オリエンテーションの報告の内容です。

また、成年後見制度利用促進基本計画(第二期計画)について記載しています。福島市にお住まいの皆さまが、共に支え合い安心して暮らす「地域共生社会」を実現することを目標とした計画です。是非ご一読いただければと思います。

令和4年7月9日(土曜日)13時半~
 福島市市民会館 第二ホールにおいて「市民後見人養成講座オリエンテーション」を開催しました。
定員30名に対して、あいにくの雨模様にも関わらず31名の参加をいただきました。

オリエンテーションでは、権利擁護センター、成年後見制度、市民後見人についての概要説明後に市民後見人活動の紹介DVDを鑑賞。また、市民後見人養成講座の流れや、講座のプログラム、講師の紹介もさせていただきました。

 基礎研修の申込み〆切は8月8日になります。FAX、郵送、持参で受付中です。

出前講座を開催しました

渡利地区地域ケア圏域会議にてご依頼いただきました

「認知症高齢者の意思決定支援について」
 令和4年6月13日(月)
 地域課題のひとつである認知症の高齢者に対する支援として、渡利地域包括支援センターより、意思決定支援について出前講座のご依頼いただきました。zoomを利用した地域ケア圏域会議の中で、認知症高齢者の意思決定支援について、ガイドラインをもとにした講義と事例のご紹介をさせていただきました。 
 ご参加いただいたのは、中央・渡利地区の地域包括支援センター、民生委員、居宅介護支援事業所、サービス提供事業所の皆さまでした。
 皆さんの日常の支援に少しでもお役立ていただければと思います。ご依頼ありがとうございました。

権利擁護センターからのお知らせ

市民後見人 養成講座~基礎研修~が始まります。

 福島市権利擁護センターでは、福島市から委託を受けて市民後見人の養成講座を開催しています。
 令和4年7月9日に行われるオリエンテーションにご参加いただいた方を対象に、8月20日から7回にわたり基礎研修が行われます(月1回程度、土曜日に開催)
 オリエンテーションでは、市民後見人に関する説明や研修の概要だけでなく、成年後見制度の概要の説明も含まれています。
 市民後見人や成年後見制度に関して興味がある方は是非オリエンテーションへご参加下さい。応募方法は電話、メール、FAXでも受け付けています。お名前、性別、生年月日、年齢、住所、電話番号をお知らせください。

市民後見人養成講座 流れと申込書

ニュースレター第2号を発行しました!

 今回の権利擁護センターニュースレターの表面は、市民後見人に関する記事として養成講座基礎研修募集や、実際に活躍しているお二人の市民後見人のインタビューを掲載しました。
 

ニュースレター第2号 裏面です。

 裏面には、地域連携ネットワークに関する記事を主に掲載しています。地域連携ネットワークの必要性に関する情報になります。
次回の第3号は夏前を予定しています。

出前講座を行いました!

「本人情報シートと申立の事例紹介」

(874KB)

 令和3年11月17日に福島市地域包括支援センターの社会福祉士部会の皆さんからご依頼いただき、出前講座を行いました。

【福島市における成年後見制度の現状について】
・福島市役所・長寿福祉課長寿支援係より
成年後見制度の利用促進に関する法律により策定された計画に基づいた中核機関の役割の説明、支援体制、地域連携ネットワークについての説明がありました。

【本人情報シートの説明や留意点、活用についての講義、申し立てに至る事例の紹介】
・権利擁護センターより
本人情報シートの経緯や作成者、責任、活用場面や作成のポイント等の説明、中核機関と支援関係者の役割分担などを説明、事例を紹介しました。

※本人情報シートに限らず権利擁護に関する出張型の学習会や出前講座の開催もしています。お気軽にお問合せください。


機関紙のご案内

福島市権利擁護センター「ニュースレター」創刊!

(2021-10-18・1590KB)

福島市権利擁護センターを広く知っていただくために、年3回(10月・2月・6月)機関紙を発行することになりました。
名称は「福島市権利擁護センター ニュースレター」です。
今回は創刊号として、権利擁護センターのチラシ、市民後見人養成講座(実践研修)権利擁護の出張学習会のご案内を掲載、今後は権利擁護に役立つ情報など内容を充実させていきたいと思います。

チラシのご案内

権利擁護センターのチラシが新しくなりました

(2021-08-26・1077KB)

令和3年4月より、権利擁護支援の公的な相談窓口として、福島市内にお住まいの権利擁護を必要とする人が支援に繋がりやすくなるよう広報活動を行うにあたり、これまでのチラシを変更しました。表面は相談窓口として地域の皆様へ向けて、裏面は地域の支援関係者の皆様への中核機関としての説明となっています。

パンフレット

権利擁護センター

市民後見人養成講座(実践研修)のご案内

実践研修カリキュラム

(2021-08-30・383KB)

R3年度 市民後見人養成講座(実践研修)カリキュラムです。
1月までの半年間、受講者のみなさん、宜しくお願いします。

8月28日受講の様子

(2021-08-30・255KB) 注目

 福島市権利擁護センター主催の市民後見人養成講座実践研修1日目を開催しました。

 コロナウイルスの影響もあってか少人数での研修となってしまいましたが、午前中には権利擁護支援に関わる事業(成年後見制度、日常生活自立支援事業)について確認。
 午後には尚絅学院大学 心理部門 渡部敦子准教授より、対人援助に関わる技術、自らの価値観を理解する為の講義を行っていただきました。
 今後も後見事務に関わる実践的な内容の講義が予定されています。

 渡部准教授、受講者の皆様ありがとうございました。

市民後見人養成講座オリエンテーション

権利擁護センター主催「市民後見人養成講座オリエンテーション」開催のお知らせ
 
 福島市では、身近な市民の立場を生かした社会貢献型の成年後見活動で、認知症等により判断能力が十分でない方の生活を支えていく「市民後見人」を養成しています。
 このたび「市民後見人養成講座」の新規受講生を募集するにあたり、7月4日(土)に「オリエンテーション」を開催します。興味のある方はぜひご参加ください。
※養成講座受講希望者はオリエンテーション参加が必須となります。申込方法等の詳細についてはチラシをご確認ください。なお、今後の新型コロナウイルスの感染拡大状況を考慮し、養成講座・オリエンテーションとも開催が延期または中止となる可能性がありますのであらかじめご了承ください。

参加申込書(2020-06-17・2597KB)

済生会福島総合病院で出張相談を実施しました

 権利擁護センターでは、令和元年5月25日(土)、済生会福島総合病院で開催された「第7回なでしこフェスタ」で出張相談を実施しました。このイベントは同院無料低額診療事業推進プロジェクトの一環として定期的に開催されています。
 今回、当センターの相談ブースには2時間で4名の相談者が訪れ、成年後見制度をはじめ、健康や介護に関する相談では介護サービスの利用方法についての説明及び、福島市が行う介護予防の取り組みなどについて紹介を行いました。また、障がい当事者の方からの相談では、ご利用中の事業所に関するお悩みやご家族についてのお悩みを伺いました。
 ご相談いただいた方、イベントにご来場の全ての皆様、済生会福島総合病院様、今回はありがとうございました。センターでは、今後もイベント等での出張相談を実施していきたいと考えていますので、出張相談のご依頼お待ちしております。

松木町松寿会で出前講座を開催しました

 権利擁護センターでは、令和元年5月13日(月)、福島市中央学習センターにて「松木町松寿会」参加者32名の皆さまを対象に出前講座を開催しました。
 今回は「終活~任意後見制度~」と題して講義を行い、制度のメリット・デメリットについて相談員から解説しました。会場の皆さまからも積極的にご質問を受け付けました。
「松木町松寿会」の皆様、ありがとうございました。

いきいきサロンだい2で出前講座を開催しました

 権利擁護センターでは、平成31年3月18日(月)、すこやか広場(松木町)にて「いきいきサロンだい2」参加者様を対象に出前講座を開催しました。
「終活」をテーマに、任意後見制度についてDVD映像をつかって分かりやすく紹介し、制度利用のポイントを相談員から解説しました。
「いきいきサロンだい2」の皆様、ありがとうございました。

成年後見セミナーを開催しました

 権利擁護センターでは、平成30年12月13日(木)、福島市保健福祉センターにて『成年後見セミナー』を開催し、福祉、医療、行政、その他支援関係者の方々総勢135名に参加いただきました。
講演では、宮城県サポートセンター支援事務所長で社会福祉士の鈴木守幸先生に「支援者にとって最低限必要な成年後見制度にかかる基礎知識&権利擁護支援の基本」と題して講義を行っていただきました。
 また講演後には、参加者同士での意見交換と、福島市権利擁護センターの機能についての説明を担当者から行いました。
 参加いただいた皆様ありがとうございました。センターでは、来年度以降も支援関係者の皆様を対象とした成年後見制度や権利擁護に関する研修を企画していきますので、またの参加をお待ちしております。

福島県行政書士会福島支部会主催の研修会にて出前講座を実施しました

 権利擁護センターでは、平成30年12月8日(土)、ラヴィバレ一番丁にて開催された福島県行政書士会福島支部会主催の研修会で、同会員対象に出前講座を実施しました。
「社会福祉専門職による権利擁護の思考と実務について」と題した講義では、センター概要の他、日常生活自立支援事業支援事例を題材にした権利擁護支援を実践する上でのポイントを解説しました。
 福島県行政書士会福島支部会様、ありがとうございました。

福島県大笹生学園で出前講座を開催しました

権利擁護センターでは、平成30年6月22日(金)、福島県大笹生学園(福祉型障害児入所施設)で施設職員対象の出前講座を開催しました。
センター担当者から「障害者の権利擁護について」と題した講義を行い、前半は“成年後見制度”の特徴などを学んでいただきました。後半は「知的障がい者の人権」を考えるグループワークを行い、活発な意見交換を行いました。
福島県大笹生学園様、ありがとうございました。

社会福祉法人多宝会で出前講座を開催しました

権利擁護センターでは、平成30年6月27日(水)、まちなか宝生園(高齢者福祉施設)で社会福祉法人多宝会役職員対象の出前講座を開催しました。
センター担当者から「成年後見人の仕事と責任について」と題した講義を行い、福祉施設と成年後見人との望ましい関係のとり方を参加者と一緒に考えました。
社会福祉法人多宝会様、ありがとうございました。

あんしんサポート(日常生活自立支援事業)

事業案内

詳細は、下記カタログをご覧ください。

カタログ

あんしんサポート
社会福祉法人
福島市社会福祉協議会
〒960-8002
福島市森合町10番1号
福島市保健福祉センター2階
TEL.024-533-8877
FAX.024-533-8879
TOPへ戻る